2016年5月29日日曜日

「三茶三様」

昨日は鎌倉、今日は都内と久々にがっつり屋外撮影。で、その〆は三軒茶屋。

実は来たる9/3(土)~9/11(日)、三軒茶屋にあるギャラリー世田谷233で「三茶三様」という三人展をやります。内容はタイトルの通りで、三茶を3人で自由に撮るわけですが、そのうちの1人は写真の人物…あ、右のオヤジさんではありませんよ。

かれこれ約20年前、まだ新玉川線と呼ばれていた頃の田園都市線で僕はタマなんちゃら大学に通っていたわけですが、時々三茶で降りて写真を撮っていました。当然キャロットタワーはなく、世田谷線の三軒茶屋駅は今よりも246寄り。車両もまだ緑で、モノクロで撮るとプリントに苦労しましたっけ。三角地帯以外はあの頃の下町風情がだいぶなくなってしまったけれど、どこか懐かしさを表現できたら…と思い、今回は50~60年前に作られた国産のオールドレンズを使っています。…という口実でレンズを集めている今日この頃。9/17からは早川町での写真展もありますが、こちらもひとつよろしくどうぞ。


■a7II+Mamiya-Sekor35mmF2.8

2016年5月27日金曜日

いよいよ早川町の写真集

今日は9月に出す、早川町の写真集の打ち合わせ。編集の山本ドビーさんと、デザインの三村漢くんの事務所へ伺いました。

漢くんと知り合ったのは僕が音羽あたりの出版社で書籍の編集者、彼は大学を出たばかりの新人アシスタント君だったときだから、もう15年くらい前かな。程なくして彼は味のある事務所を構えたのですが、今も定期的に仕事をしているのに、どういうわけか今日が初訪問。入口でマフィンを売っているのは知っていましたが、上に人が住んでいるというのは知らなかった(笑)。

しかし初めて出した身延山五重塔や、その次の七面山の写真集は撮影段階からゴールが見えていましたが、今回は企画そのものは早くから決まっていながら、なかなか先が見えず…。正確には今日打ち合わせに向かう地下鉄の中でも見えていませんでしたが、ドビーさんと漢くんと2時間ほど打ち合わせをして、半年くらい悩んでいたタイトルや表紙の写真もすんなり決定。やはり組むべきは仕事ができる人たちだなと。ただ今回はちょっと写っているように、揮発性のある液体が必要ではありますが…。


■OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO12-40mmF2.8PRO

2016年5月25日水曜日

北千住

さっきTwitterにも書いたんですが、打ち合わせの帰り道、行列のできる惣菜屋さんに遭遇。ああ、晩ごはんと明日のお昼でも買って帰るか…と、並んだうえでとんかつとコロッケ、肉じゃが、餃子を注文。そして財布を開くと…なんと札が1枚もない! 小銭が400円ちょっと。これはヤバい…。

でもインドパキスタン系の店員さんに言われたのが「360エンデス」。聞き返したけど「360エンデス」。恐るべし北千住。

そんな北千住にて、昨日偶然見つけてしまったレンズを試し撮り。約30年前の安いズームレンズだけど、なんとなくよく写りそうだな…と思ったら、想像以上によく写るではないか。むしろよく写りすぎてなんかつまらん。でもまあ小さいし寄れるから仕事用に使うべ。


■D750+Ai Zoom-Nikkor28-50mmF3.5S

2016年5月23日月曜日

ラルティーグ

昨日は埼玉県立近代美術館へ、ラルティーグ展の最終日に滑り込みセーフ。ラルティーグの作品はもう何度も見ているというか、正直あまり好きではなかったんだけど、今回は1/3が日本初公開のカラー作品。その50~60年代に撮られたカラー作品がとてもよかったです。ラルティーグが写真を撮り始めた時代はカラーはおろかフィルムすら存在しなかったんだから、本人も好んでモノクロで撮っていたわけじゃないんだろうな、なんてことを考えたり。


■a7II+Mamiya-Sekor35mmF2.8

写真はそんな美術館のロッカーにて。まさか時限爆弾?

2016年5月21日土曜日

写り過ぎ

今週は移動と撮影続きでハードな一週間。来週は反対に打ち合わせとデスクワークだらけになりそうで、再来週はまた移動と撮影ばかり。このメリハリのあり過ぎはなんとかならんのかな。

9月に出す早川町の写真集に向けて、いよいよネガとプリントの整理も開始。「なぜフィルムで撮ってるんですか?」ともう300回くらい聞かれているけど、自分でもわかりません(笑)。4年前に撮り始めた頃はここまで撮り続けるとも思っていなかったし。ほんと、なぜデジタルで撮り始めなかったんだろう。せめてフィルムでもポジとか。

もっともデジタルだったら撮れ過ぎちゃうとか、写り過ぎちゃうという壁にぶち当たっていたかも。ここ1年くらいは念のためデジタルでも撮っているけど、やはり写り過ぎてしまいます。これはなかなか他人にわかってもらえない感覚かもしれませんが。



■EOS 5D MarkIII+SIGMA50mmF1.4DG

というわけで写真は今週、町内有数の茶処・雨畑で撮影した紅茶作りの様子。製茶工場の工場長・澤村さん(普段は硯の里キャンプ場の頼れるボス)が、研究を重ねて一昨年から商品化。ベースの雨畑茶もおいしいんですが、紅茶も香りが強いのに渋みがなくて、何杯でもいける味です。

しかしこの場面、フィルムでも撮ったのですが、かなり暗かったので果たしてちゃんと写っているかどうか…。その写るか写らないかギリギリな感じを求めているんですけどね。ってすみませんわかりにくい自己満足な話で。

2016年5月17日火曜日

まだまだこれから…

午前中は早川町役場で写真集の打ち合わせ。写真集についてはまだお伝えできることがないというか、別に隠しているんじゃなくて本当に決まっていないんですが…()9月中旬に発行ということだけは決まっていますが、ギリギリまで撮影になりそうです。

あとお知らせできるのは、写真集発行に合わせて、昨年も展示をさせていただいたCOCOROTOで写真展を行うこと。会期は9/17()10/23()とちょっと長めです。昨年は町内や県内はもとより、遠方からも多くの方々にお越しいただきました。そこで今回は展示とともに七面山や早川町もご案内するイベントができたらなぁと思っています。

そんなわけで今日も打ち合わせが終わった後、町内を車でうろうろ。雨が降ったり止んだり、そして夕焼けがきたりという、最高の風景撮影日和でした。明日は朝から診療所とお茶摘みを撮った後、七面山に登って、夜は本殿の落慶法要。長い一日になりますな。



EOS 5D MarkIII+EF16-35mmF4L IS

2016年5月16日月曜日

先人に敬意を

ペルー大使館でのマルティン・チャンビ写真展に、最終日の閉館間際に滑り込みセーフ…と思ったら23日まで会期延長だそうで(Twitterで誰かが書いていたけど本当かな)。

アンデス先住民の写真家が、1930~40年代にガラス乾板で撮った同胞のポートレートやスナップに、ある種の執念のようなものを感じました。しかもマチュピチュのてっぺんまでガラス乾板を運んで、撮った写真がまさかの自撮りとは。時代を先取りしすぎ。

今の時代に彼が生きていたら、あるいは1930年代にデジタルカメラがあったら、何を撮っていたんでしょうか。まあとくに変わらないか。僕も先人から草葉の陰で笑われないようにしないとね。


■EOS 5D MarkIII+EF16-35mmF4L IS