2016年12月3日土曜日

ゾフォートと645Z

先月発売されたばかりの「ライカゾフォート」を買いました。あのライカ製のインスタントカメラ…という触れ込みですが、スペックはまんま富士フイルムのチェキ。フィルムもチェキのものがそのまま使えます。なのに値段はカメラもフィルムもチェキの倍。

でもいいんです。過去の経験からして、こういうものは「撮る気にさせるかどうか」が重要なんです。でないと、すぐに飽きてそのへんに放置です。

大学時代にポラロイドにハマっていた頃があり…といってもプロが使うようなピールアパートとかタイプ55ではなく、スペクトラという本当のインスタントカメラで、いろいろなものを撮っていました。普通に写すのでは飽き足らず、途中から表面を剥がしてケント紙に貼り付けたり、ポジのように透過光で見られるようにしたり…。まあそこまでやるつもりはありませんが、最近は仕事や作品以外ではあまり写真を撮らなくなってしまったので、ここらで気分を変えようかなと。



■PENTAX 645Z+55mmF2.8

気分を変えるといえば、今日は仕事で久しぶりに中判デジタルを使いました。借り物ですが、ペンタックス645Z。先代の645Dは何度か使ったけれど、Zは初めて。CCDからCMOSになってかなり便利になりました。欲しいですが、ゾフォートのように気楽には買えんなぁ…。

2016年11月30日水曜日

愛しのマミヤ

いよいよ明日から小伝馬町・アイアイエーギャラリーで「駄カメラ3rd写真展」が始まります。48人の写真家が前期後期に分かれていますが、僕は明日から11日までの前期です。

前に書いた通り、この写真展は全員3000円以下の中古カメラで撮影するのが条件。カメラ選びも含めてセンスや思想が問われるわけですが、僕は約70年前に作られたマミヤ6 IVで撮影しました。

マミヤ6は1940年から約20年作られたロングセラーですが、1989年に同じコンセプトとフォーマットの「ニューマミヤ6」が発売されました。19歳の浪人時代、なけなしの貯金でその新品を買い、大学時代は課題や作品、およそ年数百本をそれだけで撮っていました。

サービスセンターの人も驚く酷使ぶりで、一時は予備2台も併用していましたが、2003年の初めての個展、そして今年の早川町の写真展&写真集もそのマミヤで撮っています。早川町は当初スウェーデン製のハッセルブラッドを使っていましたが、程なくしてマミヤも併用するようになり、後半はむしろマミヤばかり使っていました。慣れているのか、はたまたフィーリングが合っているのか、僕にとってもっとも思いのままに撮れるカメラです。

そんな人生の半分以上をともにしてきた愛機だけに、いつか“ご先祖さま”も使いたいと思いつつ、あえて買う理由もないまま中古店でもあまり見かけなくなっていました。そんな折にこの企画へ誘われ、使うカメラを探していたら今回使った“ご先祖さま”に出会った次第。持病のレンズ白濁により税込2000円で売られていましたが、車用のガラス研磨剤(400円也)で1時間磨くとクリアに。もちろん写りは“ニュー”のように絞り開放からキレキレではありませんが、味と優しさが感じられます。どんな作品かは、ぜひ会場でご覧ください。グループ展なので基本的に在廊はしていませんが、僕もときどき行って飲んでいると思います。あ、そうそう今回の会場にはビールサーバーがあるそうです。1杯おいくらかは聞いていませんが、12月は写真展で酒が飲めるぞ…だそうです。


■MAMIYA6 IV, FUJICOLOR PRO160NS

写真は“ご先祖さま”で撮影した東大寺二月堂。迷った末の没カットです。没の理由は、よく写り過ぎたから。

2016年11月29日火曜日

いい肉の日

東京も紅葉のピークだけど、寒さがもはや冬のような気がするのは、やっぱり気のせいなのでしょうか。それとも脂肪のせいなのでしょうか…。


■EOS M5+EF-M22mmF2

2016年11月27日日曜日

第4回修行走

4回目となる身延山七面山修行走が終わりました。

今回は雪の影響で中止の可能性もありましたが、鹿野撮影のポスターでは文字通りひと肌脱いでくれた(っていうか自分から脱いじゃったw)身延山武井坊・小松祐嗣上人をはじめ、運営の皆さんの奮闘で今日を迎えることができました。

長く険しいはずのコースは身延山を登る片道に変更されましたが、504名と多くの選手が参加。ファインダー越しに見える選手たちは、ただひたすら目の前の坂道と戦い、年の一度のお祭りを楽しんでいるように見えました。身延山と七面山をライフワークにしてきた身としては誇らしくもあり、来年以降の修行走が楽しみでなりません。


■EOS-1D X MarkII+EF16-35mmF4L IS

そして個人的には、前座・菩提梯バーティカルレースで無様な姿をお見せできたのもいい思い出。登るごとに苦しくて視界が狭くなる中、声援だけを頼りに104m・287段を登り切ることができました。大会アドバイザーの石川弘樹さんからも「鹿野さんが本当に走るとは思いませんでした(笑)。来年もお願いします」とのお言葉をいただいたので、修行を積んで来年も参加します。昔のように4分を切ってみせますぜ。

2016年11月26日土曜日

菩提梯バーティカル!

いよいよ明日は身延山七面山修行走ですが、先日の雪でコースが大幅に短縮。でも年に一度のお祭りにそんなの関係なし!と前日から多くの選手が集まっています。僕も昼過ぎに着き、前座の菩提梯バーティカルレースに参加。今年が初めての試みですが、高低差104m287段、ノーマルヒルのスキージャンプ台とほぼ同じ高さと角度の石段を一気に駆け上がります。

7年前、身延山五重塔の復元工事を撮っていた頃は、機材を背負いつつ重たい安全靴を履いて3分台で登っていたのですが。結果は537秒、50人中49位。4分くらいはいけるだろうと思っていましたが、走らず飲んでばかりの体ではこれが限界でした。


a7II+Vario-Tessar T*FE24-70mmF4ZA


でもスタート地点では地元の人たちや常連の選手たちが「オイ鹿野さん正気か?」「もう這ってるぞ」と爆笑していたそうで、笑いを提供できて何よりです。来年は体を作って、ちゃんとレースに参加しますぜ。その前に明日は例年のごとく写真係。身延山直登のきついスプリントレースですが、選手の皆さん頑張ってください!

2016年11月25日金曜日

DCM48

写真展が終わったばかりですがまた写真展を。といっても今回は1人1点のグループ展。12/1(木)~11(日)にアイアイエーギャラリーで行われる「駄カメラ3rd写真展」の前半戦に、DCM48(駄カメラ48)のメンバーとして出展します。

これは3000円以下の中古カメラで撮影するのが条件という、撮影以上にカメラ探しが大変な写真展。しかもDCM48は錚々たる顔ぶれ。僕はほぼ研究生のような身分ですが、1940年代後半に作られたマミヤ6IV前期型(2000円のジャンク品を自己修理)で、先日奈良で撮った作品を出展します。

というわけで今日ギャラリーへプリントを預けてまいりました。先日の写真展と同じくアワガミの竹和紙を使いましたが、なかなかいい感じです。内容は見てのお楽しみ。

アイアイエーの後は、すぐ近くの写真企画室ホトリへ。16日から行われているきょんさんこと川野恭子さんの写真展「When an apple fell, the god died」へ。きょんさんの代名詞といえば“ゆるかわ”ですが、ゆるいようでゆるくなくて、でもどこか母の優しさを感じる作品でした。写真はきょんさんと、ホトリのsaorinさん。女性ファンの多いきょんさんですが、男性にもおすすめの写真展です。12/2(金)まで。


■D750+Ai-Nikkor50mmF1.8S

2016年11月24日木曜日

雪とロバート・フランク

久しぶりに何も予定がない一日。雪が降る中、東京芸術大学で行われている…というか行われていた「Robert Frank:Books and Films, 1947‒2016 in Tokyo」へ。どうしても見たかった世界巡回展の東京版に、なんとか最終日で間に合いました。

話題になっていた新聞紙云々は僕にはどうでもいいのですが、とにかくロバート・フランクの写真と、シュタイデルの写真集にやられっぱなしでした。これを自分の写真展の前に見ていたら凹んでいたのは確実(笑)。終わったこのタイミングでちょうどよかった。いろいろ刺激になりました。

また写真集が作りたいなぁ。っていうかシュタイデルと作りたい。夢のまた夢ですが、夢を見るのは勝手ですからね。


■a7II+Vario-Tessar T*FE24-70mmF4ZA