2016年9月28日水曜日

祝!早川町60周年

昨晩は暑くてほとんど寝られないまま、5時半にうちを出て、早川町町制施行60周年記念式典に出席してきました。よもやの来賓扱いだったのできちんとジャケットを着ていったのですが…会場の町民会館はサウナ! 失礼ながら到着1分で脱がせていただきました…。


■EOS 5D MarkIV+EF24-70mmF4L IS

そんな式典の引き出物には僕の写真集(特別版)が。今日初めて見た方が多かったようで、さまざまな方からお褒めの言葉を頂戴しました。ひと安心ですが、自分のもとを離れて人の手に渡ると、撮っていたときやまとめていたときとは違う思いが湧いてきますね。「もう鹿野さんは来なくなるんだね、寂しいね」と言ってくれたおかあさんもいましたが、いやいやまだ町内で撮りたいものがあるので来ますよ。もっとマイペースで撮っていきますけどね。やっぱりまたフィルムで撮ろうかな。

ランチは平凡社の蟹沢さん、編集の山本ドビーさんと3人で写真集にも登場するそば処アルプスへ。特別に新そばを味見させていただきましたが、とても優しい風味。塩をかけると絶品でした。欲をいえばもっと粗くてパンチの効いた塩があるといいな。ぜひご検討いただきたく。

そして午後はCOCOROTOで写真展の店番。想像以上のジメジメ続きでプリントが波打っていますが、それも早川の風土を表現しているということでひとつご容赦を…。

2016年9月27日火曜日

御杖村撮影教室のお知らせ

ピンポンパンポーン、お知らせです。って最近お知らせばかりですみませんが、10/30(日)、自然豊かな奈良県御杖村にて、森や里を歩きながらの撮影教室をやります。



伊勢本街道が通る古き良き街並みや、不動の滝(落差21m!希望者はたぶん滝行も可!!)、三峰山の森などを撮影した後、講評会を行います。参加費は5000円で、昼食と講評会を行なう「姫石の湯」の入浴券付きです。「姫石の湯」は僕も下見に行った際に入りましたが、なかなかいいですよ。

あまりいないと思いますが首都圏から前泊で行くという方は、車で30分ほどの三重県名張市のルートインがおすすめです。また村内にも旅館や民宿はあるそうです。室生寺や長谷寺が近く、明日香や伊勢からもさほど遠くないので、そのあたりを絡めて行くのもよろしいかと。鹿野もどこ経由で現地入りするか、いろいろ頭を悩ませております。

というわけでこの地方にあまり友人知人はいないのですが(汗)ご参加お待ちしております。お申込みは主催の「みつえアウドドアクラブ」のホームページからお願いいたします。

2016年9月26日月曜日

11月の写真展DM

先日23日に発売とお伝えというか宣伝した拙著「日本一小さな町の写真館」ですが、23日は「発行日」で、書店や通販で売り出される「発売日」は今日だったようです。わかりにくくてすみません。っていうか僕もわかりませんすみません。ともあれよろしくお願いいたします。

そして今朝は11月8~21日、新宿ニコンサロンで行う写真展のDMが届きました。写真集と同じ三村漢くんのデザインです。ニコンサロンというと重厚あるいはクールな雰囲気のDMが多いのですが、そんなイメージをゆる~くぶち壊してみました。



さらに先程、展示に使う額も届いたのですが…。想像以上のカサでどこに置くんだという状態。とりあえずベッドの上に積んでいますが、このままだと会期が来るまで「床で寝袋」です。そして会期が終わってからも「床で寝袋」です…(汗)。

2016年9月25日日曜日

文化祭!

週1で写真を教えている芸術総合高校の文化祭へ。教えて2年目になりますが、昨年は撮影か何かがあって行けなかったので、初めての訪問です。

廊下には自分の授業風景が…。大人にもやってほしい!という声を多数いただくんですが、大人には教えられないマル秘がいろいろありましてね…なんちゃって。


校内をうろうろしていると、昨年度教えた卒業生たちにも久しぶりに再会。見慣れていた制服姿ではなく、ちょっと大人になった姿を見て、2年目にして初めて先生気分を味わったような…。みんな元気そうでよかった。元気だから母校の文化祭に行くんでしょうが。

OGの子が「先生、ホニャララ(聞き取れず)撮ろうよ」と撮ってくれたのは、自分に羽根のようなものが生える動画でした。カメラメーカーの皆さん、液晶の180度反転くらいじゃ、もう今どきの女の子は喜んでくれないみたいですよ。


 自分が教えている映像芸術科ではカジノをやっていて、景品のうまい棒を大量ゲット。ルーレットの様子をプロジェクターで投影しているのは、さすが映像芸術科です。逆にいえばそれくらいしか映像の要素はなかったけどな(笑)。でも楽しそうで何より。授業もあれくらい楽しそうな顔をしてくれると先生はうれしいです。

2016年9月22日木曜日

涙の向こう側

回復傾向にあった天気予報を信じて、ダイヤモンド富士を狙いにいった今週2度目の七面山ですが…。お彼岸中日の朝は、空からご先祖さまの大粒の涙が、しとしとと降り注いでおりました。結局富士山は姿形も見えず。

でも日月の大祭と同様、楽しい山路になり登ってよかったなと。やはり迷ったら行くことが大事。そして目で見えないときは心で見よう(でもやっぱり目で見たかったけど…笑)。そんなことを思う2日間でした。


■a7II+Vario-Tessar T*FE24-70mmF4ZA

2016年9月20日火曜日

下りてまた登り…

一昨日~昨日と大祭にあわせて七面山に登ってきたばかりですが…明日また登ることにしました。今年はもういいと思っていたダイヤモンド富士ですが、天気が回復という情報を見ると行かないわけにもいかず。なにせ春秋合わせて12回登って、お日様が富士山頂から現れたのはそれぞれ1回だけですから…。3分後の天気がわからないような場所ですが、行かないことには何も御加護はありませんしね。


■OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO12-40mmF2.8 PRO

写真は大祭の日、境内の森に現れた神の使い。ここ数年は神さまから仏さまへの伝言が多いのか、やたら多くて大変だそうですが。

というわけで早川町COCOROTOでの写真展も、明後日(秋分の日)午後は在廊します。よろしくお願いいたします。

2016年9月17日土曜日

初日御礼

写真展「はやかわ移動写真館・再び」、初日はまずまずの来客でした。しかし写真集はまずまずどころか…やばいです。売れ過ぎちゃって、1か月分と思って仕入れた量がこのペースだと3連休でなくなりそう。書店やAmazonや11月の新宿ニコンサロンでもやばいくらい売れてくれるといいんですが。

ギャラリーを閉めた後は、すぐそばの早川中学校へ。今日は文化祭と体育祭とレクリエーションを朝から夜までぶっ通しでこなすという、まるでトライアスロンのような白鳳祭の日。ちょうどフォークダンスが始まるところでした。


■a7II+Vario-Tessar T*FE24-70mmF4ZA

父兄の皆さんからは「デカいカメラを持っていないシカノさんって、シカノさんじゃないみたい」などと冷やかされましたが、たしかに撮影のことを考えずに行事を眺めるのって自分でも不思議。といいつつ撮ったら、なんかいい感じに撮れちゃった。ああ、これ写真集に入れたかった…(笑)。


明日明後日は七面山の大祭へ。明後日の午後はまた店番をします。写真集が売り切れちゃったらスミマセン。